ワイヤーハーネス製造・加工、表面実装、高品質LED蛍光灯の桜総業 株式会社
SAKURA 夢を未来へつなぐ限りなき挑戦
HOME会社案内製品紹介施設紹介設備紹介サイトマップお問合せ
施設紹介 桜総業トップページ施設紹介> 海外施設
海外施設
生産ネットワークを海外にも展開。
深セン工場・上海工場に生産拠点を、香港に海外窓口を築いたことは、世界につながる一歩でありさらに新しい夢につなげるかけ橋としてグローバルな視点での現地生産や、海外向け製品の開発を進めています。
香港事務所外観
  香港事務所外観
深セン工場外観 上海工場外観
深セン工場外観 上海工場外観
香港事務所・深セン工場
深セン工場は、櫻總業(香港)有限公司の委託加工場として1992年中国に深セン工場を設立し操業を開始しました。現状の設備は高速全自動圧着機を含む自動圧着機50台と高度の検査機器を含む付帯設備を有する工場として従業員約600吊が内外の注文に機動力をいかして迅速に対応しています。又深セン工場は、ハーネス部門の他精密金型の設計からプレス加工まで一貫生産をしています。
ハーネスとプレス生産が同時に生産出できる特徴のある工場として注目されています。
香港事務所
深セン工場内風景
深セン工場内風景
香港事務所  
上海工場
上海工場内風景
上海工場内風景
上海工場は、2002年当時蘇州、無錫、南京地区への日系企業の進出に備えて上海工場設立を決断し、上海櫻總業電子有限公司を設立しました。翌年上海工場として操業を開始しました。
上海工場の生産設備は、深セン工場と比較しますとやや小規模ですが約300吊の従業員は徹底した生産技術と生産管理の教育と指導を受け信頼のおける高品質の製品作りに自信を持って従事しています。
上海工場事務所
上海工場事務所
江西工場
江西工場内風景   江西工場内風景
江西工場内風景
中国の内陸部・江西省の南部に位置する?州市で、2012年操業を開始しました。
ワイヤーハーネスに特化させた工場で、最新の設備と当社深セン・上海工場で 培った経験と実績を生かした生産技術・教育体制により、現在約200吊の体制で日々高品質な製品作りを行っております。

江西工場内風景
江西工場内風景

↑PAGE TOP